学校で学んだCADをどう活かすか

ビルや建物の図面設計において、今や建築業界になくてはならないものとして不動の地位を築いているCAD。関連の大学や学校では必ずこれを習いますし、関連業界でもCADを扱うスキルは必須と言って過言ではないでしょう。しかし、建築業界と一言に行っても、その世界は広いものです。例えば建築士の事務所に限っても、大手から零細までその規模は様々ですし、そこで求められる技術も大きく異なります。特に個人事務所などの零細の場合では、未だに図面をCADではなく手で引く、という方も珍しくありません。
手引きとCAD、両者にはそれぞれ短所と長所がありますが、どちらも使いこなせた方が便利であることは言うまでもありません。したがって、現在学校でCADを学んでいる人は、単に一通り使いこなせる、というレベルではなく「CADの事なら何でも聞いて下さい!」と言えるレベルまで身に着ける事をお勧めします。特に中小規模の建築業界で働くときには、この事は大きなアドバンテージとなるでしょう。

Read More

学校で習ったCAD、もっとまじめにしていれば良かった

両親が建築業を営んでいることもあり私は工業系の学校に進みました。普通コースとは違う勉強で楽しく学びました。製図や木工の授業がある日はワクワクしたものです。工業関係の授業で一番苦手だったのがCADです。当時は今ほどパソコンが普及しておらず、パソコンの起動の仕方から学びました。パソコンも苦手だったこともあり、いつも学校独自の検定は落ち、赤点ばかりでした。友人の中にはスラスラと課題を終え、自由に過ごしている人も居ました。浅はかな女子高生だった私は課題をよく手伝ってもらっていました。
学校を卒業し、建築関係の仕事にはつかなっかたのでその様なことはすっかり忘れていました。結婚し子供を生み、なかなか外で働くのが難しい、だが経済的困っている時に、知人から「工業高校でしょ、子育ての空いた時間にCAD手伝って」といわれました。まじめにしていなっかた私がすぐに出来るはずはありません。もっと真面目にしていれば良かったととても後悔しました。どんな経験がいつ役に立つかわからないので、どんなものでも学習する機会があれば、一生懸命にしたほうがいいと思います。

Read More

専門学校でやっているCAD

私の専門学校ではCADを習っています。CADはかなり難しいです。最初に教えてもらったときはなんじゃこりゃ状態でした。私は普段から空間図形、平面図形などの図形系がとても苦手で、大丈夫かなと思いましたが教えてもらっていくうちにスキルも身について簡単なCADならすぐに作れるようになりました。まだまだ未熟ですが確実に着実に力がついているのが確認できます。
私の通っている専門学校は設計製図にかなり力を入れていて、先輩方はCADのコンテストで上位入賞を果たしたりしていてかなり尊敬できます。私自身CADが得意なほうではないですが、頑張っています。これからもがんばっていきます。
CADのソフトは購入すると100万円以上するようなのですが、私の通っている専門学校では提携を結んでいるみたいで100ライセンスくらいまでが無料でもらえるみたいなんです。私のノートパソコンにもCADのソフトをインストールしてもらっています。今考えるとCADをやるにはかなり恵まれている環境にいると思うのでもっと努力してCADのスキルを身につけないといけません。

Read More

CADの学校についての情報

CADの学校ってたまに見かけますね。私もCADの勉強に少しきょうみがあります。CADで設計することでアニメみたいなものも作れるんじゃないかと思ったからです。安直な考えですけどそういったものも重要な要素の一つだと思います。CADの学校を卒業することのメリットは就職に強いことだと思います。求人を見るとよくCADの仕事の募集をよく見ますね。それに将来的にもCADの知識があれば役に立ちますね。
たとえば将来独立しやすいと思います。独立して事務所を構える人も多いようです。独立しやすい勉強っていいですよね。学校に通わなくても稀にCADの仕事にありつける人もいますが基本的にCADの勉強をした人しか就職できないように思えます。それだけ専門性が高い分野だということなのでしょう。コンピュータが好きな人はCADの勉強をしてみるのもいいですね。これからCADの仕事に就きたいなと考えている方は是非資料請求して調べてみましょう。

Read More

CADの学校に通ってました。

最初に就職した会社が倒産して、次の就職活動するために手に職をと思い、大阪梅田にあるCADの学校、WINスクールに入学しました。たしか30回の授業で授業料が30万以上したと思います。雇用保険を5年以上掛けていればかなり授業料が免除になったみたいなんですが、就職して3年で倒産したので自分には適用されませんでした。
さて、授業の内容ですが、テキストにそってまずは自分で操作して、わからないところがあれば先生を呼んで教えてもらうという感じでした。ただ生徒の人数に対して先生の数が足りてないので、聞きたいことあっても他の人が質問してることが多いので、なかなか自分のとこには来てもらえませんでした。1回の授業が1時間だったと思うんですが、その中で1回くらいしか先生がきてくれないこともあったような気がします。結局30回の授業ではCADに触れた程度の実力しか身につかなかった気がします。卒業した後も就職先を紹介するようなことと言ってましたが、不況で商会できるところがなかなかないと言われました。
ただ面接の時にCADの学校に通ってましたってことで就職活動のやる気を伝えるためだけには役立ったかと思います。あくまでも自分個人の感想です。

Read More

わたしが行きたい学校またはスクール

 今、行きたい学校やスクールがいくつかあるのですが、その中の一つが自動車学校です。今更ながらという気もしますが、仕事や実家に帰るときに必要なので。学生時代はあまり必要を感じていなかったのですが、ないと不便を感じることが増えてきました。若い人に混じって学校やスクールに行くのもちょっと照れますが、気にしません。本当は合宿免許が20万円以下で取得できるので行きたいのですが、仕事の休みが取れないので、通学コースです。1年以内に入校したいと思っています。今から楽しみにしています。目下の課題は何月がいいか、ということですが。多分年が明けてからになると思いますが、冬は道路事情が悪くなりやすいので、気候のいい時期は欠かせません。3月、4月も学校やスクールが混む時期なので、教習の予約に工夫が要ります。7月、8月は夏休みで、一番混む時期でしょう。となると、社会人が予約を取りやすいのは5月、6月か、11月あたりが狙い目でしょうか。

Read More

「自分に自身が持てる学校スクール」

「学校スクール」というと何か自分が学びたいものがある場合、そのことを学ぶことが出きる場所ということだと思います。自分は若いころギターを弾きたかったのですが、自分では勉強の仕方がわからず途中で挫折してしまいました。子供が出来て是非、特技を持ってほしくてギターを習わしてみました。自分では教えられないのでギターの「学校スクール」に通わせることにしました。まだ6歳だったのでギターが珍しくて興味をもって弾いてくれました。意味もわからずやっていても指先が勝手に弾き方を覚えていくのは、羨ましいと思いました。もう4年になりますが、よそ見をしても弾けてしまうのは羨ましくも特技の1つになってきたなと思っています。昨年初めて発表会がありました。100人位の観客がいるなか失敗しないで弾けたとき、本人も嬉しそうで私も自分の夢をかなえてくれたみたいで本当に嬉しかったです。今も毎日練習して、さらに自分に自信が持てる武器になればいいと思います。

Read More